登録試験に受かるには

 

 

自動車の整備の専門家である自動車整備士の資格を取得するには、国土交通省の実施する技能検定試験を受けて国家試験に合格しなければなりません。

 

この試験はどんどんと発展する日本の自動車産業のあらゆる分野で活躍し、自動車の増加による事故の多発や公害の発生などを最小限に抑え、安全の確保を推進する専門技術者の育成と認定を目的にするもので、それなりに難関の試験になっています。
自動車整備技能登録試験は日整連が実施する一級、二級、三級、及び特殊整備士の試験があり、それぞれに学科と実技があります。

 

この試験に合格するとそれに合格するとそれに対応する国土交通省の行う検定試験が免除されます。

 

なお実技政権は同一種の学科試験に合格すると受けることが出来るようになります。
養成には二種類があり、実務経験があるかないかで区分されます。

 

実務経験が無い場合は一種養成施設というところで教育を受けることになります。

 

短くとも1年以上の過程があります。

 

次に整備工場で既に働いている人向けに二種養成施設と言うものもあります。

 

ここでは学科を中心に6ヶ月を超えない範囲でカリキュラムが整備されています。

 

これらの養成過程を経てから国家試験にチャレンジすることになるのです。