自動車整備士はこんなところで働いている

 

 

ディーラーや整備工場への就職だけでなく公務員で活躍している方も大勢います。

 

この資格があれば整備士として警察官の設備部門で活躍したり官公庁の整備部門で就職し安定した生活を送っている人も多くいます。

 

就職先としては圧倒的に民間の整備工場が多いのですが公務員としての道も開かれていますのでチャレンジしたい方はチャレンジしましょう。

 

また新卒での採用で無く中途で採用を求めている場合もあります。

 

整備の技術は経験とスキルが大切ですから民間企業で培ってきた経験が公務員の整備士として活躍できる場だからです。

 

今の時代は転職することは特別な事で無く珍しい事ではありませんので経験やスキルを生かして自分の好きな場所で好きなスタイルで整備士の仕事をしますと楽しく仕事ができます。

 

公務員としての採用でしたら公平さを追求しますので必ず筆記試験が一次試験にはあります。

 

一次試験を突破すると二次試験ですが社会へ出て高校や大学の時にやっていた勉強をもう一度するような形になりますから勉強する時間の確保やモチベーションを維持するのが一番大変でしょう。

 

整備士の活躍できる場所は今後も減る事はありません。

 

自動車やバイク、トラックなどは無くなることがありませんし今後も必要とされる職種です。