目指す為の勉強施設を選ぶなら

 

 

目指す為の勉強施設を選ぶなら,国土交通省が定めた養成施設に通って全課程を修了することが近道です。

 

実技試験が免除になり学科試験だけの受験で資格が取れるのです。
まず、3級を取得しその後経験を重ねた後に2級を受験するのが通常の流れです。

資格はⅠ,2,3級と特殊があります。それぞれの級の中でも扱える車種などによって資格の種類が分かれています。
整備士として働くときには法的には資格は必要ないのですが、就職の条件として資格を求めていることが多いのです。
3級は上級資格者の指示に従って一般的な整備ができます。

 

2級は単独で分解整備作業ができます。

 

1級はアドバイザー能力を有し現場において安全管理もできるくらいの人です。

 

特殊は各々のぶんやにおいて2級波の技能があると認められた人です。

この資格は業務独占資格であり、名称独占資格でもあり、必置資格でもあります。

 

その資格者でなければできない業務があるのを業務独占資格といいます。

 

また、その資格取得者以外のものに資格の呼称の利用ができないのを名称独占資格といいます。

 

事業を行う際にその企業や事業所に資格保有者を最低人数卯必ず置かなければならないと法律で定めれている資格のことを必置資格といいます。